タイポグラフィ | 書体:COPPERPLATE GOTHIC

Contact Price

デザインフォントファミリータイポグラフィ:カッパープレート

Typography - 2018 - Three Philosophers

Copperplate GothicはTrajanなどと同じく大文字だけのフォントです。カッパープレートとはここでは銅板のことで、フォントの角にちょろっとセリフがついていますが、銅板に彫った文字がきちんと見えるようにつけた強調線の名残だそうです。(ちなみに、カッパープレートは17世紀に英国で流行した筆記体に似せた活字書体の総称でもあるそうです。)

Copperplate Gothicの種類

フォント名 ウェイト
Copperplate Light 細い書体
Copperplate Regular レギュラー
Copperplate Bold 太い書体
Copperplate フォントの見た目

Mac OS Sierraには無印のCopperplateがバンドルされています。太さはLight, Regular, Boldの3種類です。文字間のゆとりが名前に格式やバリューを与えてくれます。デューラーなんて色鉛筆の名前にもなっていますが、それなりの箱にこのCopperplateというフォントで刻印されていれば、自ずと高級感が出てきますね。

Copperplate フォント 比較

Copperplate Gothicの使用例

ディーン アンド デルーカ(DEAN N DELUCA)もこのカッパープレートゴシックをロゴに用いてブランディング展開しました。

ディーン アンド デルーカとCopperplate Gothic

高級感を出しニューヨーカーの心も掴みました。

基本となる書体そのものが素晴らしいですが、おまけのようなセリフや文字間のゆとりが相まって、これだけの格式や高級感を醸成するのですから不思議なものです。セリフの取れたSackers Gothicというフォントもあるそうで、イラストなどを添えた銅板っぽい演出とともに用いられることが多いようです。