ユーザーインタビューとプロダクトデザイン

Contact Price

UIUXBusinessインタビューが効果を発揮する時

Designer - 2019 - Three Philosophers

ユーザーインタビューは、手がけるプロダクトの良い点、悪い点を明らかにしたり、プロトタイプ形成にも一役買ってくれるだろう。ただし、そこにかける時間や費用が必ずしも効果をもたらすとは限らない。プロダクトにしっかりと関わり、ユーザーインタビューの必要性について考えてみよう。

ユーザーインサイトを探る様々な手段

ペインポイント(痛み)やアハモーメント (快感・喜び)を可視化していく手段としては、綿密な行動分析によるユーザーストーリーマッピング、仮説による簡易ペルソナ、データなどファクトに基づいたペルソナ、制作者のヒューリスティックなど様々だが、プロダクトが成長していく過程においてはユーザーインタビューが効果を発揮するケースがある。もっと言えば、ユーザーインタビューやアンケートのみでしか拾えない要素がある。

ユーザーの苦痛も変化する

さて、ユーザーインタビューにより拾い上げられる情報はどのようなものがるだろうか。喜び、希望、苦痛など様々だろうが、例えば通院するという体験を考えてみても、週に何度も大きな病院に通う年配の方は、一連の体験の中で感じるストレスをある程度受け流すことも可能だろうし、逆に年に数回しか病院とは縁が無いといった一般的な人であれば、様々なストレスをそのままの尺度で感じ取り、時に激しいほどにその痛みを評価するだろう。

上記の理由により、ユーザー・インサイトを拾い上げていく際には、(有限な時間と予算のなかで)ユーザーの許容値と必要な施策のバランスをコントロールすることが重要になってくるだろう。スティーブ・ポーチガルはその著書「ユーザーインタビューをはじめよう」の中で、「ユーザーリサーチの問題をいっそう複雑にしているのは、デザイナーやエンジニアがペインポイントととらえられていることを、人々が必ずしも痛いと感じていないという事実である。1956年にハーバート・サイモンがsatisfyとsufficeを合わせた造語satisficing最善の選択肢ではなく、満足できる選択肢を求めること)は、100パーセント喜んで受け入れるとまではいかなくても、人はそこそこのソリューションに対して寛容なことを言い表している。」と述べている。

ユーザーインタビューのタイミングと費用対効果

また自宅のリビングにあるラックには無駄なものも並んでいると語りかけながら、「率直なところ、私はどのリサーチプロジェクトもそこそこでよしとする。デスクトップ上にある整理されていないMP3ファイル、はまりの悪い食品保存用の蓋、絡まって長さの足りない接続ケーブルは、どれもそこそこという満足化の例だ。言い換えるなら、人は問題がもたらす痛みよりも、問題を解決する労力のほうが煩わしいと思うものなのだ。あなたがニーズと認識したことは、もしかしたら顧客にとっては問題なく容認できることかもしれない。彼らは食品をしっかり密閉できる容器に入れたいと思っているだろうか? もちろんだ。ではそのためにちゃんと手間ひまをかけるだろうか。多分かけない。」とユーザー心理のひとつの核心に触れている。

ユーザーインタビューが有益と思われるのは以下のような状況・段階においてではないだろうか。

  • 何がデザインできるかを確信する前に、新しい機会を明らかにする手段として
  • 何をデザインするかについてアイデアが浮かんだ時、デザインの仮説に磨きをかけるため
  • 市場で実績がある場合、既存の製品やサービスをリデザインして再投入するため

上記も同著書からの引用になるが、ユーザーインタビューが効果を発揮するケースとそうでないケースの見極めは非常に重要になってくる。経験から言うとユーザーインタビューは序盤と終盤の二極で必要になると思う。上記に付け加えるならば、まっさらな時と、データ化できない要素や、データからでは見えにくい要素を拾いたいタイミングになる。

ユーザーインタビューで引き出したいのは客観性である。それもなるべくなら、デザイナーの経験則や、各部署に蓄積されたデータよりも、何かしらの輝きがほしい。正直なところ、若いスタッフが私の経験則に勝るインタビュー企画を作れないということも多い。インタビューには相当の費用もかかる。部署間のつながりや、製品を売るうえで一番大切な部分を深く考え、どの部分のインサイトを拾い上げていくのかをはっきりさせてから本番に臨もう。

信頼を得る作法

さて、企画が通り、実際にインタビューが行われることになった際は、対象者とのラポール(信頼関係)の形成にはどのような作法が有効だろう。今月、原宿のとある美容院に2度目の訪問をした際、担当の若い子がやたらと親しげに、軽やかに会話を始めてきた。「信頼して、また訪問してくれた」というだけで相手は心の底から話を切り出してくるものだ。うれしさや驚きがあると、人は人に親近感を抱き、やがて信頼する。地位や見た目、人柄など様々なファクターはあるだろうが、バイアスは必ず外れる。ユーザーインタビューも対ヒューマンの施策であることを銘記しておこう。(参考:インサイトを読む)

まとめ

ユーザーインタビューというのは原始的で昔から行われてきたものだが、UXデザインと結びつけながら行われていけば、より味わいの深いものとなっていくだろう。戦略の解説ページでも書いているが、カスタマージャーニーマップユーザーストーリーマッピングを用いて各タッチポイントが鮮明になったら、さらに深掘りした方が良い点をピックアップし、ユーザーインタビューで仮説に裏付けを行いバックログ化していこう。