タイポグラフィ | 書体:Myriad

Contact

デザインフォントファミリータイポグラフィ:ミリアド

Typography - 2020 - Three Philosophers

Myriadはフォントの王様の一つにも数えられるFrutigerの類似フォントです。本家にとても良く似ていますので「明快で力強く、やわらかな」素晴らしいフォントです。Appleがかなりの期間コーポレイトフォントとして採用していましたが、残念ながら現在MacのOS自体にはバンドルされていません。

Myriad Proの種類

フォント名 ウェイト
Myriad Pro Condensed コンデンス
Myriad Pro Condensed Italic コンデンスイタリック
Myriad Pro Bold Condensed ボールドコンデンス
Myriad Pro Bold Condensed Italic ボールドコンデンスイタリック
Myriad Pro Regular レギュラー
Myriad Pro Italic イタリック
Myriad Pro Semibold セミボールド
Myriad Pro Semibold Italic セミボールドイタリック
Myriad Pro Bold ボールド
Myriad Pro Bold Italic ボールドイタリック

このページで使用しているのはFrutigerにかなり類似して、なおかつ最適化された(アドビの販売形態がCreative Suiteだった頃の製品にバンドルされていた)Myriad Proというフォントです。Adobe社が販売形態をサブスクリプションに移行する前、ロイヤルティを高めてくれたのはこういった素晴らしいフォントたちの存在でした。

Myriadフォント 通常版とneueの比較

豊富なバリエーション(全ウェイト)の中でも特に魅力的なのがSemiboldでしょうか。

まとめ

原型となっているFrutigerはもともと空港のサイン用に作られたフォントでしたが、その明快さの中にも、流動性というか、体温のようなものも感じられる点がAdobeやAppleのデザイナーにも響いたのでしょう。

正直なところ、このフォントの魅力が分かるでしょうか?
こういった感性はデザイナーとしてのバロメーターとしていくしかないです。
Appleが使っているから「自分も使う」ではただのマネごとであり、このフォントに魅力を感じたのだけど、後から「Appleがコーポレイト・フォントとして採用していること」を知った、というくらいがホンモノだと思います。有名だからという理由で無理に使う必要はありません。

Appleはその後、Apple Watchなどの存在もあり、ユニバーサルな観点からコーポレイト・フォントをSan Franciscoに切り替えましたが、こちらもまた絶品でした。
「なんだか自分にはこれらのフォントの良さが分からない!」という方は、おそらくデザイン業は天職ではない筈です。