タイポグラフィ | フォント:Helvetica

Contact Price

フォントタイポグラフィタイポグラフィ:ヘルベチカ

Typography - 2018.5.30 - Three Philosophers

Helveticaのは欧米のスタンダード・フォントのひとつです。どっしりとした堅実性と安定感を備えながら、あたたかみまで感じさせてくれるような素晴らしいフォントです。スイスのハース社がNeue Haas Groteskという名前で発売、後にラテン語でスイスを表すHelveticaという書体名に改められました。さらに後続の会社が改良し、Helevetica Neueという名前で発表しています。現在ではApple社がさらに可読性の面などを考慮、改良して、San franciscoというフォントとしてOSのデバイスフォントに採用しています。

Helveticaの種類

名称 特徴
Helvetica 1957年発表のオリジナル書体
Helvetica Neue 1983年発表の改良版
helveticaフォント 通常版とneueの比較

フォントはその大きさによっても性格が変わってくるため、1枚もののデザインをのぞいては検証が必要で、小さなサイズにすると視認性が悪くなったりします。もちろん単純な美しさの面でもそうですが、部分部分に改良が加えられ現在に至っています。細かな部分から受ける印象の違いを感じ取ってみましょう。

まとめ

Helveticaにも改良の歴史があり、世紀を経て美しさにさらに磨きがかかっています。輸入製品や日本国内のコーポレート・ロゴなどに多数採用されているだけでなく、実際に流行の先端で利用されていますので、Appleの製品を所有している方などは、意識せずともその機能美に接していることになります。