トリガー マイクロインタラクション

Contact Price

UI・UXインターフェーストリガー

User Interface - 2019 - Three Philosophers

マイクロインタラクションで根幹をなすのがトリガーです。トリガーにより全てのシステムが起動し、ルール(制作者側で決められた仕様)に沿った、フィードバックが行われ、アプリケーションによっては複数のモードや反復が組み込まれます。

手動トリガー

ユーザー側がアクションを起こすことで、マイクロインタラクションが開始されることがほとんどですが、それは手動トリガーに分類されます。テレビの電源ボタンや、スマートフォンのホーム画面上に並ぶアイコンなどは、ユーザー側が操作する(ための)手動トリガーの一つです。

システムトリガー

手動トリガーに対し、天気アプリなど、運営側がトリガーを引きユーザーの端末に通知を表示させるケースもありますが、それらはシステムトリガーに分類されます。

マイクロインタラクションにおけるシステムトリガーの例

かなり複雑なルール設定にはなりますが、位置情報の判定などをマイクロインタラクションに組み込み、しかるべきタイミングでシステムトリガーが発動していたら、 アラーム事件も未遂に終わっていたかもしれません。

このように、ルールと結びついた不可視トリガーを意識すると、素晴らしいアプリ開発の助けになるでしょう。

トリガーの設計がもたらすもの

ウィンドウズの全角半角切り替え

上のイメージはWindows10において、キーボードを半角に繰り替えた時に、画面上に大きく表示されるフィードバックです。マックのキーボードには「英数」と「かな」の二つのトリガーが存在するため、キー入力の面では直感的な操作性に劣るWindowsが追加したユーザーへの配慮です。このようにトリガーの設計はマイクロインタラクションの基幹になる故、とても重要なのです。アプリの開発が進むとルールとフィードバックを変えることでしか対応できないケースも出てきますので、ユーザーテストなどを行い、もしものケースを洗い出してみましょう。

マイクロインタラクション概要

トリガー:マイクロインタラクション

ルール:マイクロインタラクション

フィードバック:マイクロインタラクション

ループとモード:マイクロインタラクション